今回のアウトレイジは西部劇風?

久々に映画を一本見てしまいました。
先日地上波テレビ初登場として取り上げられていたアウトレイジ ビヨンドの録画したものをお昼ご飯を食べながら鑑賞していたところ、思いもよらず物語に引き込まれていってしまい、キリのいいところで止めて少しづつ見ようと考えていたのですが、結局そのまま最後まで見てしまいました。
私は深作欣二監督作の仁義なき戦いが大好きなので、現代版として通じるものがあったこの作品を一作目から見ていますが、仁義なきと違う部分をあえて言わせてもらえるのであれば、仁義なきでは、権力争いの末に常にただ働きのような形をとらされる広能昌三の姿があります。
たけし演じる大友も権力者によって理不尽な目にあうといった点において広能に通じるものがありましたが、今回は大友は木村と結託して花菱の協力を得て、山王会へ復讐を完全に遂げてしまいました。
その結果、最終的には木村が○暴の刑事によるたくらみの餌食となりましたが、クライマックスではその刑事も大友によって葬られます。ですので、今回は少し西部劇に近い内容といったらズレてしまうかもしれませんが、私はそう感じました。
キレイモ 札幌